qaエンジニア求人の様々な名称

ITエンジニアとして仕事をしている方の中には、「qaエンジニアの仕事にチャレンジしたい」と思っている方もいると思います。
「転職活動を、少しずつはじめている」という方もいるでしょう。qaエンジニアを目指している方の中には、コツコツとテストを繰り返すqaエンジニアという職種に興味を持っている方も多いと思いますが、実はqaエンジニアはどういったテストの担当になるかによっても、仕事内容が変わってきます。では、qaエンジニアにはどのような名称があるのでしょうか。

まず、qaエンジニアのテスト担当としてはQAエンジニアという名称が上げられます。開発チームがクライアントの立場に立って、品質を測定していくエンジニアとなります。こちらは、あくまでもQAエンジニアとなり、テストエンジニアとは違う立場となります。
テスターは、検索的なテストを担当したり、テストケース実行担当者となり仕様書などがない状態でも、不具合を見つけていくものとなります。

テストエンジニアは、開発チームに所属し、テスト計画を立てたり、テストを設計したり、作成していくエンジニア。
テスト自動化エンジニアは、テスト自動化の仕組みを作っていくエンジニアとなります。
バックエンドテストエンジニアは、セキュリティエンジニアの役割も兼ねており、テストツールやDBサーバー周りのテストを行っていくエンジニアとなります。一言でqaエンジニアといっても、どういったテストを担当するかによっても、名称が異なれば、仕事内容も異なるということ。

このように、qaエンジニアには様々な担当によって仕事内容も変わってきますから、qaエンジニア求人をチェックする際には、どういったテストを担当することになるのかもチェックした上で、希望していくことが大切となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です